最近のがん保険の傾向は通院保障重視!

最新がん保険はこうなっている!

 

がんは日本の国民病、死亡率1位

 

現代の日本では、一生の間にがんになるリスクは
男性で2人に1人、女性では3人に1人という高くなっています。

 

しかも、がんの死亡率は1位で3人に1人で、死亡率1位です。

 

 

今や、がんは死亡率1位の日本の国民病なのです。

 

 

このような事情もあって、がん保険の人気は高くて
加入率はどんどん高くなってきています。

 

 

 

 

最新がん保険の「診断給付金」

 

最近のがん保険の人気を受けて、
各保険会社がそれぞれの特徴を打ち出した保険商品が扱われています。

 

がん保険の基本的な特徴は、
がんと診断されたときに一時金(診断給付金)が支払われることです。

 

 

このがん診断で給付される一時金は、
保険会社によって給付基準や方法に違いがあります。

 

1 がん診断で給付
  ↑
  ↓
2 診断と入院が給付条件

 

 

 

3 2年に1回限度で給付され、回数が無制限で給付されるもの
  ↑
  ↓
4 一時金は、1回限り

 

 

また、悪性新生物と上皮内新生物のどちらも
同額給付される一時金もあります。

 

 

 

 

はば広い保障のがん保険

 

一時金だけでも各社いろいろな特徴を持たせているがん保険ですが
その他にも、最近のがん治療の医療実態を取り入れて、
いろいろな特徴が打ち出されています。

 

総務職応募者の面接 入院前後の通院に対する給付

 

総務職応募者の面接 がんと診断されると、それ以降の保険料免除特約

 

総務職応募者の面接 通常のがん保険にある90日間不てん補期間の除外

 

総務職応募者の面接 入院日額や一時金ではなく、実際に要した費用を全額補償する保険

 

総務職応募者の面接 喫煙者よりも非喫煙者に保険料を割安にする保険
  (喫煙者よりも2割程度の割引)

 

 

 

 

先進医療がおススメ

 

最近のがん治療では、先進医療技術の進歩が著しく、
重粒子線治療や陽子線治療が行われることが多くなっています。

 

しかしこの重粒子線治療や陽子線治療の技術料は非常に高額です。
重粒子線治療では、308万円、陽子線治療では285万円になります。

 

最近のがん保険でも、この先進医療は保障されてないのが多く
保障するには先進医療特約を付加するのですが、
先進医療特約保険料は月額100円前後と非常にお得感があります。

 

 

先進医療の技術料だけを補償する商品にもいろいろ種類があり、

 

総務職応募者の面接 1回の給付限度額の有無や制限

 

総務職応募者の面接 保障期間内に通算1000万円、もしくは2000万円

 

 

さらに、交通費や宿泊費も対象になる特約もあります。

 

 

 

 

 トップページに戻る

 

 

 

 

最新のがん保険とは関連ページ

がん保険保障開始の誤解
がん保険加入前のがん患者と保険加入日から90日以内は保険金はもらえません。 がん保険加入から90日以内のがんは保障されません。 gokai-ganhosyoukasi 【がん保険は加入日以降90日以上の猶予期間があります。】 がん保険は