がん保険加入から90日以内のがんは保障されません。

がん保険は加入日以降90日以上の猶予期間があります。

がん保険は、他の医療保険と違ってがん保険特有の条件があります
たとえば、医療保険では加入日直後から病気やけがで入院すると
保障対象になりますが、がん保険は制限が厳しくなっています。

 

 

    

 

 

 

がんと診断された人は加入できない

 

がんと診断されている人は、がん保険に加入できません。
普通の医療保険でもこの部分は制限されますが、
がんの場合、このあたりは特に厳しくなっています。

 

がんの治療費は高額ですから、がん保険で保障を受ける場合
保険会社は多額の出費を強いられますから、
厳格に加入者の健康状態を審査します。

 

 

 

 

加入日から90日以内は保障外

 

加入時点でがんではなくても、加入後にがん診断されれば、
無条件に一時金や給付金が支払われるというわけではありません。

 

ほとんどの保険会社のがん保険では、
加入後90日間もしくは3ヶ月の間にがんと診断された場合、
保険の保障対象になりません。

 

 

がんという病気は、短期間で発症するものではなく
長い時間をかけて徐々に増長する病気なので、
その兆候や初期症状があります。

 

自分でその異常を感じていながら、
がん保険に加入し、加入した後がんと診断を受けて
保険金を受取る行為は、確信行為と見なされるのです。

 

 

 

 

90日以内にがん診断の場合保険金は返戻される

 

では、がんの兆候を知らずにがん保険に加入して
90日もしくは3か月以内にがんと診断された場合どうなるのでしょうか。

 

この場合、支払った保険料は返戻されます。
しかし、がん保険の契約そのものが無効になります。

 

 

 

 

加入直後でも支給されるがん保険の登場

 

最近のがん保険では、加入直後にがんと診断された場合
入院給付金が支給される保険もあります。

 

保険会社によって、保証しない期間が異なりますので
契約の際によく確認して理解しておくことが大切です。

 

 

 

 

三大疾病保険も90日間は保障外

 

がん保険と同様に、90日以内の診断が保障外の保険があります。
がん保険ではなく、がんも含まれる三大疾病保険がそれです。

 

三大疾病とは、がん脳卒中急性心筋梗塞をいいます。
この3つの病気を一つの保険にしたのが三大疾病保障保険で、
この保険に加入して90日以内に、脳卒中、急性心筋梗塞と診断されると
がんでなくても保障の対象外になります。

 

 

 

 

医療保険はがんも含まれる

 

がん保険や三大疾病保障保険は、病気が限定されていますが
それら以外の一般的な医療保険では幅広い病気やけがの入院を保障します。

 

医療保険には、がんや脳卒中、急性心筋梗塞も含まれます。
医療保険では加入直後から保障対象になりますし、
入院、手術はもとより、先進医療も保障されるようになっていますので
医療保険、がん保険、三大疾病保障保険に加入の際は、
これらの点をよく比較検討して確認しましょう。

 

 

 

 トップページに戻る

 

がん保険保障開始の誤解関連ページ

最新のがん保険とは
がん保険は保険会社によって大きな相違があり、自分に合った保険をえらぶことが大事です。