保険選びは相談相手や相談窓口をカシコク利用しよう!

保険はどこで選ぶのがいい?

 

保険加入の場所選びがカシコイ保険選びに直結!

 

現在、保険の加入方法や場所は、
以前とは比べ物にならないくらい広がってきました。
かつては、保険加入には欠かせなかった『保険のおばちゃん』
見られなくなりました。
保険セールスにススメられて保険加入する時代は終わり始めているのです。

 

その代わりに、複数の保険会社の商品を扱う、
保険の総合代理店やインターネットの通販、直販など
保険の加入方法や場所は大きく変わってきています。

 

さまざまなルートを活かして、自分に合った保険を選び
そして、自分で納得するためにも、
保険の相談窓口をカシコク活用していきましょう。

 

 

 

今、保険に加入するのに、その方法や場所は大きく分けて
3つの方法があります。

 

 

来店型

 

訪問型

 

セルフ型

 

 

 

こちらの事情や条件などを相手に伝え、相談しながら
自分にピッタリの保険を見つけたいのなら、
今、急速に店舗が増えてきている保険ショップ保険代理店
相談するのが一番いいでしょう。

 

 

それとは逆に、人見知りの性格だったり、
ある程度の保険知識があって、保障の考え方が理解できる方であれば
インターネットの通販や直販サイトを活用することで、
自分の都合で詳細ページを閲覧したり、申し込みをしたりするのもいいでしょう。

 

 

 

いずれにしても、保険セールスから言われるままの
保険加入は時代遅れになってきています。

 

現在は、自分で納得して保険を選ぶ時代になってきています。
はじめは全く無知で難しい保険であっても、
自分が加入する保険については、その仕組みや保障内容を理解して
自分にとって、本当にピッタリな保険に加入することが
将来において安心できる保証が得られ、
無駄のない保険料づくりにつながります。

 

 

 

 

来店型

 

保険ショップ 保険ショップ
いまでは、日本全国、どこの街中やショッピングセンターでも
よく見かける保険屋さんです。
全国にチェーン展開している大手の保険ショップもあります。

 

仕事帰りや、買物のついでに立ち寄って相談することができるという、
気軽さと便利性が好評で人気を博しています。

 

ほとんどの保険ショップでは、数多くの保険会社の商品を扱っているので
保障内容や保険料を比べながら、自分にあった保険を選ぶことができます。

 

 

      来店型

 

 

保険ショップ 銀行・証券会社
日本のほとんどの銀行や証券会社では、
複数の保険会社の商品を取り扱える保険代理店になっています。

 

ご自分の資産運用の相談をしながら、
生命保険や医療保険などの相談ができるので
その便利さが好評で専門の窓口を設けている銀行もあります。

 

一方、郵便局では自社の保険「かんぽ生命」があり
主体はかんぽ生命の保険商品になりますが
自社の保険商品以外に、民間生命保険会社の商品も取り扱っています。

 

 

 

 

訪問型

 

保険ショップ 訪問型代理店
希望すれば自宅や職場などに訪問して、説明してくれる相談員がいる
保険代理店では、相談スペースを持つ代理店が多く、
地元に古くから根付いている保険専門のプロ集団と言えます。

 

自分から立ち寄って保険相談をしてもらいたいときは、
事前に日時を予約しておけば、保険ショップのように
訪問することができます。

 

      訪問型

 

 

訪問型保険代理店なら、「保険の見直し、新規加入の無料相談サービス[ほけんhome]
 特徴女性の保険カウンセラーと多数契約しているので、
    女性、主婦の方でも安心して相談できます。

 

    東名阪をメインに提携パートナーが多数います。
    希望に合わせた時間・場所で相談が可能です。

 

    当然、相談料無料です。
    しつこい勧誘は一切ありませんのでご安心ください。

 

 

無料保険相談なら「驚異の満足度96%!保険マンモス
 特徴ファイナンシャルプランナーによる保険相談を無料提供!
    女性の保険カウンセラーと多数契約しているので、

 

    無料サービスにありがちな”強引な保険営業”はなし! 上質な保険コンサルを実現!

 

    わかりにくい保険に関する情報をマンガやイラスト、図表を使って分かりやすく解説!

 

 

 

保険ショップ 保険レディ
日本国内の生命保険会社に勤務している営業職員で、
女性が多いことから「生保レディ」とか「保険のおばちゃん」とか呼ばれて
域住民に古くから親しまれている、昔ながらの保険営業のプロです。

 

自分たちが所属している保険商品しか取り扱えないのが弱みですが、
お客様の自宅や職場への訪問して保険相談し、
そこでまとまれば、その場で保険契約できるという利便性があります。

 

地域密着型で、定期的に自宅や職場を訪問することで
情報収集し、毎日の生活やライフステージの節目で
保険提案して加入を獲得するという手法が得意です。

 

      保険レディ

 

 

保険ショップ ライフプランナー
外資系生命保険会社に勤務し、
ライフプランナーやコンサルタント、アドバイザーと呼ばれています。
自分たちが所属している保険商品しか取り扱えないのがネックです。
国内生保と比べて男性営業社員が多いのが特徴で、
顧客の家族構成や家計収支を基にしたコンサルティング営業が得意です。

 

 

      ライフプランナー

 

 

セルフ型

 

保険ショップ インターネット
インターネットで、24時間いつでも資料請求や保険料の試算ができ、
また、そのまま保険加入申し込みができる利便性が好評で、
ネット社会に地盤を気付き始めている保険販売方法です。
インターネットのシステムですべて処理できるので
人件費がかからないことで、その分保険料が割安に設定されているのが特徴です。

 

仕事や育児で普段忙しくてなかなかショップに行けない主婦や、
人見知りしたり、ご近所さんに知られたくないという人、
対面で相談するのが煩わしいと思う人などには、
大変便利な加入方法と言えます。

 

商品内容もシンプルに設計されているので
初めての人にもわかりやすいサイトになっています。

 

また、サイトをみて疑問に感じたり質問などは
電話ですぐに聞けるように連絡先が明示されており、
資料請求や保険相談ができる点も魅力的です。

 

 

 

保険ショップ 通販
雑誌の織り込みハガキやダイレクトメールなどが主なアプローチで、
郵送でのやりとりで手続きが完了する保険加入です。
申し込み用紙に記入・捺印して、健康状態など
簡単な質問に答えるだけの簡易さと、割安な保険料が好評です。

 

営業職員を通さないので、自分自身にある程度の知識がある人や
自分のペースで保険選びをしたい人に向いている保険加入です。

 

 

 

 

 

 トップページに戻る