終身医療保険の特徴をやさしく分かりやすく説明します!

終身医療保険の基礎知識記事一覧

終身医療保険とは

医療保険は、病気やけがの治療や手術、入院の費用をカバーするための保険です。一般に生命保険というと死んだときの残された遺族、とくに若くして亡くなったときは妻と幼い子供たちがしばらくは生活に困らないようにと、残された家族にまとまったお金を渡せるようにすることを連想しがちです。生命保険会社はそのような死亡...

≫続きを読む

 

全ての入院手術が対象になるのではない医療保険

医療保険に入っているから、どんな入院や手術をしても、保険で保障してくれるというわけではありません。医療保険で保障してくれる入院・手術は、それぞれの保険の約款で明確に規定されていますが、ひとことで説明すれば、「病気やけがの治療目的」に限定されます。医療保険は、病気やけがの入院・手術で経済的に負担を強い...

≫続きを読む

 

終身医療保険料の支払期間は?

終身医療保険には保険料を払い込む期間が分かれています。一番多いのは、「終身払い」と「有期払い(払済み)」の2つ。そしてあまり多くないタイプですが、あらかじめ決めれたときに、保険料が半額になる「保険料半額タイプ」があります。有期払い・払済みタイプの終身医療保険というのは、医療保険としての保障は死ぬまで...

≫続きを読む

 

入院日数と1日の必要金額はいくらかかる?

専門家の中には「民間の保険会社が扱ている医療保険は入るな!」という意見があります。そのような本も多数あります。その大きな根拠は、「高額療養費制度」を活用することでほとんど出費はないからということのようです。ホントに医療保険はいらないでしょうか?

≫続きを読む

 

全ての入院で保険がもらえる話ではない

病気での入院は完治までの治療は長期にわたるのが普通です。このとき、退院して同じ病気が再発して入院しても保険金がもらえないことがあるので注意が必要です。医療保険は入院や手術で保険がもらえる保険です。入院に関しては、入院1日当たり5000円とか1万円とかあらかじめ設定してある入院日額×入院日数が入院給付...

≫続きを読む