終身医療保険の特徴をやさしく分かりやすく説明します!

終身医療保険の保険料は「有期払い」と「終身払い」

終身医療保険には保険料を払い込む期間が分かれています。
一番多いのは、「終身払い」と「有期払い(払済み)」の2つ。

 

そしてあまり多くないタイプですが、あらかじめ決めれたときに、
保険料が半額になる「保険料半額タイプ」があります。

 

 

有期払い・払済みタイプの終身医療保険というのは、
医療保険としての保障は死ぬまで対応してもらいながら、
それにかかる保険料をある一定の時点までに払いきるという仕組みになっています。

 

 

一番多いのが「60歳払済み」や「65歳払済み」という期間です。
これは、定年時期がその時期になっていて、それまでは仕事をして
給料という収入があるから保険料を払えるけど、
定年後は無職で収入の予定はないから、それまでに払い切っておいて
死ぬまでの医療保障を確定させておきたいという考えの方に
適しています。

 

 

この支払期間のデメリットは、保険料支払い期間が短いため
終身払いの方法と比較して若干保険料が高くなることです。

 

 

 

一方、終身払いは、保険料を死ぬまで払い続ける仕組みの終身医療保険です。
この方法だと、保険会社が算出する保険料支払期間というのは
日本の平均寿命を想定していることでかなり長期間であるため
有期払い・払済みタイプに比べて、保険料が割安になります。

 

この終身払いのデメリットは、晩年に収入がなくても
保険料を支払わなければならないという資金準備が必要になります。
しかし、年老いて加入する場合、たとえば60歳を超えてかにゅする場合、
その時期の有期払いの保険料はかなり高額であることが多く、
終身払いにすれば、比較的少額で済むというメリットがあります。

 

 

また、若い年代で加入する場合も、
加入したときに保険料が死ぬまで継続するので
一番安い保険料で一生涯の安心を手にできるというメリットもあります。

 

 

さらに、この終身払いを選択していれば、
安い保険料で保障を手に入れながら、保険の見直しするさいにも、
大きな損をすることなく他の保険に切り替えることができます。

 

 

保険料で有期払い・払済みと終身の損得を計算すると、
75歳が損益分岐点になります。
75歳を超えて長生きする場合、終身保険の方が支払総額で高くつきます。

 

 

定年後も保険料を支払いたくないという方は有期払い・払済みタイプを、
今後見直す可能性がある方、保険料を安く抑えたい方は終身タイプがいいでしょう。

 

 

 

保険料半額タイプは、終身タイプと有期払い・払済みタイプの折衷タイプです。

 

定年後の収入減少による保険料支払不安解消と、終身払いの安い保険料を
実現した払い方になっています。

 

このタイプの終身医療保険には、ソニー損保の「SUREワイド」
アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」があります。

 

 

 

詳しくは公式サイトで、
   ソニー損保「SUREワイド」

 

   アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」

 

 

 

 

 トップページに戻る

 

終身医療保険料の支払期間は?関連ページ

終身医療保険とは
終身医療保険の基礎知識をご案内します。
全ての入院手術が対象になるのではない医療保険
医療保険は病気・けがの治療が保障対象です。自由診療は保障されないことに注意が必要です。
入院日数と1日の必要金額はいくらかかる?
入院にかかる費用はいくらなのか?アンケート調査ではこんな入院費用になっています。
全ての入院で保険がもらえる話ではない
医療保険は入院費用を保障してくれる保険ですが、入院費用のすべてをカバーするのではありません。