生命保険の家族割引のメリット・デメリットを理解しましょう

生命保険にも家族割引がある

 

医療保険の夫婦や家族割引

 

携帯電話でよく見かけるファミリー割引や家族割引、夫婦割引ですがが
生命保険にも家族割引、夫婦割引があるんです。

 

 

    

 

生命保険の中でも医療保険の特約としてこの割引があります。
たとえば夫婦でこの割引を受ける場合、
夫の保険に妻の医療保険を特約としてセットします。

 

 

妻は夫と同じ保障項目になりますが、
保障内容は夫の6割程度になります。
たとえば、夫の入院日額が1万円に設定していると
妻の入院日額は6千円になります。

 

しかし、妻が一人で医療保険に加入するよりも保険料は割安です。

 

 

 

 

注意したいのは、夫婦が離婚すると妻の保険は消滅することです。

 

保険料はメインで保険加入している夫の方ですから、
離婚後は妻の保険料までは面倒見れないですよね。
離婚していても、相当分の保険料を払うといってもダメです。

 

 

       

 

 

 

 

夫が死亡した場合の保障の相違点

 

各保険会社ともに、
この家族割引やファミリー割引を取り扱っていますが、
夫が死亡した場合の妻に対する保障や保険料負担が
保険会社によって統一されていなくてまちまちですので注意が必要です。

 

 


夫が死亡した時点で、妻に対する保障も消滅する。

 


夫が死亡しても妻への保障は継続する。
この場合、保険料の支払いが免除される。

 


夫が死亡しても妻への保障は継続される
この場合、保険料は引き続き支払わなけらばならない

 

 

 

 

家族割引のメリット・デメリット

 

この家族割引の生命保険、夫の保険に特約形式で
妻の補償も確保できる保険ですが、
メリット・デメリットがあります。

 

メリット
夫の保険にオプションとして追加するタイプなので
保険料は非常に割安。
保険会社・保険商品を1本で管理できるので便利。

 

 

デメリット
保障内容が夫の6割程度に抑えられる。
 →本当に必要なときに不安な部分があります。

 

離婚すると保障は受けられない。
 → 新たに保険を選んで自分で保険加入することになる。
 → この場合、保険料はそのときの年齢で算定されるので割高になる

 

 

 

 

 トップページに戻る