結婚した人は保障を厚くして、医療保険も大事

結婚した人の生命保険選びはココがポイント!

【結婚した保険選びのポイントは、家族の生活を守ることから】
結婚することで、配偶者という生計を共にする家族が増えるわけですから、
その分の責任を持つことになります。

 

そのため、万一の保障も残された家族の生活を守るためには、
ある程度の死亡保障を準備する必要があります。

 

そういう意味で、万が一の場合に家族の生活を守る視点で
保険を選ぶことば大事なポイントになります。

 

 

 

【夫婦二人のライフビジョンをチェックしよう】
・妻は、専業主婦? 共働き?
・子供の予定は?

 

 

 

【共働きで子供なしなら保険金300万円がベスト】
まず、お子さんがまだいない夫と妻の夫婦2人であれば、
たとえ夫に万が一の事態が起こっても、妻は結婚前の生活に戻ればいいことになります。

 

この場合は、残された妻の将来の生活まで保障する必要はあまりないと言えます。
とはいえ、お葬式、お墓代、整理、引っ越しなど諸費用がかかってきます。

 

まずはこれらの費用が捻出できたら問題ないといえます。
地方によってお葬式費用は変わりますが、平均して300万円から500万円程度あれば十分でしょう。

 

 

 

【専業主婦、お子さんがいる場合は2000万以上を】
夫が亡くなっても、お子さんがいて妻が働けないとか、健康上の理由で働きたくないといった時は、
妻が生活していく日常の生活費を保障しなければなりません。
保障は最低1000万円以上、できれば2000万程度を予定すればいいでしょう。

 

 

 

【子供ができたら保険見直しのタイミング】
妻の妊娠がわかったら保険を見直しましょう。
それまでは夫婦二人のことを考えた保険でしたが、
これらからは3人家族の生活になります。

 

また、共稼ぎ夫婦ならこれからは奥様は仕事を辞めるか休むことになり
収入減になりますから、夫にまさかのことがあると、大変なことになります。

 

残された妻と子供は収入の道が閉ざされたと同じですから、
それなりの保障を考えなければなりません。
保障額は、それまでの妻一人の家族から子供が増えましたので
最低1500万円以上、できれば2000万円〜3000万円にしたいものです。

 

子どもに必要な保障額は、子どもの成長とともに減っていきます。
保障される保険金額が年を経るごとに減っていく「逓減型」の定期保険
子ども1人にひとつずつ契約するのもおすすめです。

 

 

 

【けがや病気にも保険が必要】
結婚して考えることは、万が一の保障も重要ですが、
もう一つ、けがや病気対する不安も忘れてはいけません。

 

突然の病気やけがで手術や入院とかになると、それまでの生活は激変しますし、
なによりも精神的にもつらい毎日へと変わります。

 

せめて、手術や入院費などの医療費の心配はしなくていいように、
医療保険に加入しておきましょう。

 

医療保険は、まずは入院日額5000円程度の保険で十分でしょう。
日帰り入院などの短期の入院より、長期にわたる入院保障を重視した保険選びがベストです。

 

 

 

【妊娠出産前の医療保険加入がグッドタイミング】
妻の医療保険は早めに加入しておきましょう!
妊娠、出産は保険加入の大きなタイミングです。
妊娠中の容体急変というのはよく聞く話です。初期のトラブルでの入院などにも対応できます。

 

その意味でも、妊娠がわかる前に、
できれば、結婚と同時に妻も医療保険に加入しておきたいものです。

 

子供が生まれて大きくなってから…では遅すぎます。
妊娠中に妊婦にもしものことがあってからでは遅すぎます。

 

妊娠中の保険加入は加入自体にハードルが高くなります。
保険というものは必要がないときが一番保険に入りやすく、
保険料が安く、逆に保険を必要にするときが保険に加入しづらく、
保険料が高くなると認識しておきましょう。

 

 

 

【ベスト保険】
1 子供がいなければ300万円程度の「整理引越、生活立て直し」保険金で十分

 

2 子供がいる、働けない妻には1000万円〜3000万円の生活保障を

 

3 医療保険は結婚したらすぐに、入院日額5000円〜1万円の医療保険を

終身保険比較ランキング

保険料が安い終身保険をピックアップしました。

 

30歳、35歳、40歳で各保険を比較しています。

(平成23年11月1日試算)

終身保険 保険名称 30歳男性 35歳男性 40歳男性
つづけトク終身

(メットライフアリコ)

1万6470円 2万4680円 3万1785円
E-終身

(AIG富士生命)

1万7490円 2万1900.円 2万8630円
一生のお守り

(NKSJひまわり生命保険)

1万8980円 2万3680.円 3万 850円

試算基準は、各保険の標準プラン、標準コース、基本コースを用いています。
(疾病特約や、保険料免除特約などは付加していません)
死亡保険金:1000万円
保証期間:終身
保険料払込期間:60歳払済

終身医療保険比較ランキング

保険料が安い終身医療保険をピックアップしました。

 

30歳、35歳、40歳で各保険を比較しています。

(平成23年11月1日試算)

終身医

療保険

保険名称 30歳男性 35歳男性 40歳男性
やさしく備える医療保険

(メットライフアリコ)

1685円 1920円 2240円 入院日額=5000円

保険料払込期間:終身

医療保険CURE

(オリックス生命)

2276円 2886円 3832円 入院日額=5000円

60歳払済 60日型

メディカルフィットA

(メディカルケア生命)

2300円 2920円 3860円 入院日額=5000円

60歳払済

メディカルKit

(東京海上日動あんしん生命)

2450円 3060円 3995円 入院日額=5000円

60歳払済 60日型
手術1回5万円または2万5000円

試算基準は、各保険の標準プラン、標準コース、基本コースを用いています。
(疾病特約や、通院特約、保険料免除特約などは付加していません)
入院日額=5000円
60歳払済 60日型
保険料払込期間:60歳払済

 

 

 

 トップページに戻る