養老保険の保険知識をやさしく解説

養老保険は、生死に関わらず保険金が必ずもらえる

養老保険の死亡保障は、定期保険と同じで10年とか60歳とか
一定期間の死亡に対して保険金を支払う生命保険です。

 

この養老保険の特徴は、終身保険定期保険と比べて
一番貯蓄性が高い保険になっています。

 

保険期間中に死亡すると死亡保険金が払われる一方で、
満期時に生存していれば死亡保険金と同額の満期保険金が受取れます。
つまり、生死に関わらず一定の時期までに保険金が支払ってもらえる保険なのです。

 

 

 

中途解約しても解約返戻金を受取れ、
しかも、終身保険、定期保険に比べて一番高くなっています。
満期時はもちろん、中途解約しても実質負担(掛け捨て部分)が
少ない保険なのです。

貯蓄機能がある分、保険料は割高

養老保険は、貯蓄性が高いことから、その分保険料は割高に設定されています。

 

また、貯蓄性をたかくすることや解約返戻率を高くするため、
長期間にわたって金利を固定することになるので、
低金利時の保険契約加入は不利になります。
金利水準が低いときの加入は利率変動型の保険を選ぶなどしたいものです。

 

さらに、加入する年齢によっては、保障にかかる保険料コストが
大きくなるケースもあります。

 

このため、支払保険料の総額よりも満期金の方が
少なくなるというリスクがあることも押さえて必要があります。

 

 

一方、保険を利用することで
お金を貯金と区別する機能には大きな意味があります。

 

保険は貯金と比べて心理的に解約しにくい部分があります。
養老保険の高い貯蓄機能で意識しないところで
大きな貯金がたまっていた!といううれしい未来があります。

 

 

 

 トップページに戻る