終身保険の特徴をやさしく分かりやすく説明します!

終身保険は死後整理資金目的で

終身保険とは、死亡時に保険金が支払われる生命保険です。
掛け捨てでなくて死亡によって保険金が支払われますので、
貯蓄としての機能も備えている保険と言えます。

 

 

死亡により支払われる保険にはこの終身保険と、掛け捨てタイプの定期保険があります。

 

30歳男性が60歳まで払込んだ場合、この2つの保険を保険料で比較すると、
終身保険は月々の保険料が2万円ほどですが、定期保険では月々3000円程度と、
終身保険が定期保険の6倍以上になります。

 

 

このため、保険の設計としては、稼ぎ時の30代〜50代の死亡には遺族への受取保険金を厚くし、
定年後は保証を薄くするなど受取保険金を事由に設定できる定期保険で賄い、
何歳で死んでも費用に大きな差がない葬式や身辺整理費用など、
死後整理資金として終身保険で賄うのがカシコイ保険設定と言えます。

終身保険には解約返戻金・契約者貸付が使える

終身保険は死亡時に保険金を受取れる生命保険になっていますが、
保険期間中に解約すると、解約返戻金というお金が返ってきます。

 

 

それまで払込んだ保険料全額を返戻金として受取ることはできませんが、
払込んだ期間が長ければ長いほど返戻金の払い戻し率が大きくなり、もらえる金額が多くなります。

 

 

このため、死後の整理資金目的で加入した終身保険がまだ保険期間中であっても、
病気療養の治療費や老後の生活費困窮で資金が必要になったとき、
この解約返戻金を活用することができます。
死後のお金よりも目先の今日明日に必要な資金に活かすことも、カシコイお金運用方法と言えます

 

 

また、解約しなくても貯まっているお金を活かして、
「契約者貸付制度」を利用することもできます。

 

 

この契約者貸付とは、終身保険や養老保険、年金保険などの貯蓄性がある保険で、
それまでに貯まっている解約返戻金などを担保にお金を借りることができる制度です。

 

 

自分の保険で貯まったお金から金利をつけて借りることになりますが、
保険本来の保障機能が残ったまま、当面必要な資金に活かせるのですから便利な制度と言えます。

 

 

この貸付制度は、保険会社によっては契約者貸付用のカードを発行して、
そのカードで銀行ATMからお金を借りることができるようになっています。

 

 

なお、この貸付金の返済をしなかった場合、
死亡保険金から差し引かれますので注意が必要です。

 

 

 

 

 トップページに戻る

 

終身保険とは関連ページ

終身保険の配当とは
終身保険には、5年ごと利差配当終身保険と無配当終身保険があります。
終身保険の支払期間と満期前解約について
終身保険の保険料を支払う期間は自由に選べます。また解約することで相応の解約金をもらえますし、解約金を担保に借り入れもできます。
保険会社が勧める保険はコレ!
終身保険に加えて定期保険をセットすることで安い保険料で高額保障が期待できます。
定期付終身保険は証券・提案書をチェックしよう
定期付終身保険の中身を意外と知らないものです。定期保険部分の更新と終身保険の保険金額をチェックしましょう!