定期付終身保険をやさしく分かりやすく説明します!

意外と知らない保険金額

現在保険に加入している人の中で、
ご自分の保険金額をご存知の方は意外に少ないのではないでしょうか?

 

保険加入時に説明された内容の中で記憶に残っているのは
「万が一のとき、奥様やお子さまは○○○○万円受取れます」
「ご主人がご病気のとき、1日当たりの入院代○千円給付されます」
「毎月の保険料は○○○円です」
こんな言葉でないでしょうか?

 

 

そんな方は今すぐに保険証書を確認してください。

 

 

まず最初に確認したい点は、
ご自分の期待した金額が終身保険として受け取れるようになっていますか?

 

保険会社から勧められて加入した保険は、定期付終身保険がほとんどです。
その保険の中で一番大事な点は、終身保険の保険金額です。
その金額は、ご自分の期待した金額になっていますか?

 

 

終身保険と定期保険と併せた金額が3000万円でも、
定期保険が2970万円で、終身保険ではわずか30万円ということも
実際に起こっているようです。

 

 

   

 

 

終身保険は死後の葬式費用や身辺整理費用として準備するのが望ましく
200万円から300万円は準備しておきたいものです。

意外と知らない保険料の値上がり

次に確認したいポイントは、
定期保険の更新期間はいつになっていますか?

 

一般に定期保険の期間は10年〜15年です。この期間が満了すれば、
医師の診断や健康状態のチェックなしに自動更新されます。
その際、その時点の年齢で保険料が算定されますので
保険料が値上がりするのが普通です。
普通、10ごと更新で保険料は約2倍になります。

 

値上がりするかもしれないこと、ご存知でしたか?

 

 

もし、定期保険部分の更新時期が近づいているようでしたら
これをいい機会ととらえて、保険全体を見直してはいかがでしょうか?

 

 

 

ちなみに、終身保険は終身もしくは払込満了時期まで保険料は一定です。
値上がりすることはありません。

 

 

 

 

 トップページに戻る

 

定期付終身保険は証券・提案書をチェックしよう関連ページ

終身保険とは
終身保険は死亡時に保険金がもらえる貯蓄性のある生命保険。途中解約してもお金が返ってきたり、お金を借りることもできます。
終身保険の配当とは
終身保険には、5年ごと利差配当終身保険と無配当終身保険があります。
終身保険の支払期間と満期前解約について
終身保険の保険料を支払う期間は自由に選べます。また解約することで相応の解約金をもらえますし、解約金を担保に借り入れもできます。
保険会社が勧める保険はコレ!
終身保険に加えて定期保険をセットすることで安い保険料で高額保障が期待できます。