終身保険見直しポイントは保険料を安くする!

終身保険は死後の身辺整理費用目的

生命保険に加入する目的は、

 

 死後の葬式代、墓石、引越し・移動費などの身辺整理費用
 残された家族への保障
 生きているうちの医療費保障

 

です。

 

終身保険は、死後の身辺整理費用を保障する保険です。

保険の見直しは、複数の保険を比較検討しましょう!

どの終身保険の保険料が安いかというと、大きなくくりで言えば
定額終身保険の保険料よりも、変額終身保険の方が安く設定されています。

 

 

しかし、現在の保険会社では変額終身保険を扱うことが減りつつあります。
それ以外での比較は、各終身保険の比較で検討することになります。

 

 

保険の見直しに際しては、一つの保険会社で検討するのではなくて
複数の保険会社の保険を取り扱っている総合保険代理店の保険のプロに相談し、
ご自分のライフステージや経済状況にピッタリの保険を検討しましょう。

終身保険の見直しポイントは、保険料をどれだけ安くするか!

終身保険は、死亡すれば必ず保険金が支払われます。
つまり、死亡という「満期」が来れば保険が下りる仕組みで、
途中で解約してもお金が返ってきます。

 

 

満期になれば保険金がもらえ、途中で解約しても
それまでの払込保険料全額とはいかないまでも
いくらかの解約返戻金が支払われますので、
「保障」と「掛け捨てではない」安心感があります。

 

 

そうすると、
『終身保険の見直しポイントは、いかに保険料を安くするか!』
この点に絞られます。

 

解約返戻金を抑えた保険は手数料が安い

終身保険は、最近では、保険料そのものを安くする変額終身保険よりも、
解約金を抑える『低解約返戻金型終身保険』が人気を集めています。

 

 

これは、たとえば加入時から30年間といった一定期間中に解約した場合、
解約返戻金が通常の終身保険の7割程度しか支払わないようにして、
その分、毎月の保険料を2〜3割安く設定された終身保険です。

 

 

つまり、途中解約での支払金額は7割しかもらえないけど、
そのかわり、毎月の保険料が割安になっているのです。
文字通り、死ぬまで保険を継続して解約しない、という人におススメ保険です。

 

 

 

 トップページに戻る