終身医療保険の選定基準は、入院日額、入院日数、期間の3つ!

終身医療保険の選定基準は、入院日額、入院日数、期間の3つ

 

終身医療保険は3つの基準を明確にしておく

 

終身医療保険は人気があって、各社いろいろな保険を取り扱っています。
ややもすれば、その数と複雑さに、どれを選んだらいいか
分からなくなってしまいます。

 

医療保険を決めるには、まず、3つの基準を明確にして
それから保険を特定する作業に移ることで、
自分にピッタリの保険を見つけることができます。

 

 

どの医療保険にするか?の前に、
あなたが医療保険に期待するボーダーラインを明確にしましょう。

 

 

 

医療保険を特定する基準は3つです。

 

終身医療保険の選定基準 入院日額をいくらにするか?

 

終身医療保険の選定基準 保障はいつまでにするか?保険期間を決める

 

終身医療保険の選定基準 1回の入院日数は何日ぐらい?

 

 

 

 

 

入院日額を決める

 

医療保険には入院保障がありますが、
保証額は1日当たりの金額で保証額が決まります。

 

入院日数 × 1日の入院保証金額 = 入院保障(入院保険給付金)

 

 

そこで、1日の入院保証金額(入院日額)
いくらにするか決めなければなりません。

 

生命保険文化センターが公表している
「平成25年度 生活保障に関する調査」では、
入院中に支出する日々の平均支出金額をまとめていて、
そこでは、1日 2万1000円の支出と報告されています。

 

この金額には、
治療費・食事代・差額ベッド・交通費(家族の見舞い)、
衣類・日用品などが含まれていますが、
重要なのは、高額療養費制度を利用したあとの支出金額だということです。

 

 

 

 

保険をいつまで続けるか

 

医療保険には定期タイプ終身タイプがあり、
保険をいつまで加入するかという期間を決めなければなりません。

 

定期タイプの医療保険は、加入から10年、15年、20年という具合に
一定の期間を保険会社が設定してあり、そこから選択します。

 

期間には、また、年齢で選択するものもあります。
30歳、40歳、50歳…という具合に満年齢になると保険が切れます。

 

これらの期限が終了(満期)すると、保険は終了しますので、
満期以後に病気やけがで入院・手術しても入院給付金も手術給付金も出ません。

 

 

 

医療保険の期間の決め方に、もう一つ終身タイプがあります。
これは、死ぬまでの一生涯を医療保険でカバーするという趣旨です。

 

このタイプは、保険料を一生涯支払い続けるタイプと、
定年退職後の収入減少を考慮して、
働けるうちに一生分の保険料を払いきる60歳払済みや65歳払い済みのように
支払いをある年齢までに終わらせるという決め方があります。

 

保険料は、加入時点の保険料のまま一生涯もしくは払済み年齢まで継続します。

 

 

 

 

入院一回の日数を予測する

 

医療保険は入院日数が制限されています。

 

一般的には60日まで、120日までが多く、最長では365日までというのもあります。
日数が長い保険ほど保険料が高くなるので、何日くらい入院するか
あらかじめ予測を立てて置いて、その範囲内に収まる保険を選ぶようにします。

 

 

生命保険文化センターが公表している
「平成25年度 生活保障に関する調査」では、
5年以内に入院した人を調査して、平均の入院日数を公表しています。

 

そこでは、入院の平均期間は19.7日、つまり20日平均だとなっています。

 

最近では、入院は短期化の傾向にあるようです。
私の弟は、国立病院で10時間にも及ぶがん手術をしましたが、
2週間ほどで退院して通院治療していました。

 

 

 

 

おススメ基本基準

 

以上の基準をまとめました。
参考に、私が保険を見直しの際に考えたおススメプランです。

 

 

基本基準

平均・一般

標準・おススメ

可能ならば

入院日額

2万1000円

1万円

2万円

保険期間

終身・60歳・65歳

終身

終身

入院日数

20日

60日

60〜120日

 

 

 

 

 

保険料比較

 

標準おススメプランで終身医療保険について、
保険会社各社『終身医療保険』の保険料を比較しました。

 

《 保険料条件 》
30歳 男性 終身払い 入院日額1万円 入院日数60日 追加特約・オプションなし

 

 

順位

保険商品

取扱保険会社

30歳男性月額保険料

ちゃんと応える医療保険EVER

ちゃんと応える医療保険EVER

アフラック

3,020円

医療保険新CURE

医療保険新CURE

オリックス生命

3,052円

メディフィットA

メディフィットA

メディケア生命

3,250円

(無解約返戻金型保険)

やさしく備える医療保険

やさしく備える医療保険

メットライフアリコ

3,370円

健康のお守り

健康のお守り

NKSJひまわり生命保険

3,390円

SUREベーシック

SUREベーシック

ソニー損保

3,510円

(がん・先進医療がセット)

メディカルKit R 医療保険

メディカルKit R 医療保険

東京海上日動あんしん生命

5,150円

(健康還付特則あり)

 

 

 

 トップページに戻る

 

終身医療保険の選び方はは3つの基準関連ページ

医療保険の選び方ポイント…1
終身医療保険は、入っておいて損はない保険、4つのポイントで選びしましょう!
終身医療保険の見直しポイントは、保障と安い保険料!
終身医療保険の見直しは、複数の保険を比較検討しましょう!