定期保険の基礎知識をやさしく解説

定期保険は「死亡」で保険金がもらえる保険

定期保険は、一定期間の死亡に対して保険金を支払う死亡保障保険です。
一定期間の死亡に対して保障しますので、
死亡せずに期間満了(満期)を迎えても保険金は支払われません。
満期があって、返戻金がないのです。
このため、定期保険は掛け捨て保険になります。

 

支払った保険料が帰ってこないことで損する気分になりがちですが、
掛け捨てタイプの保険だからこその利点も多くあります。

 

基本形は返戻金ゼロ。例外もある

定期保険は掛け捨て保険ですから、解約してもお金は帰ってきません。
満期になっても払込んだ保険料が戻ってこない保険を掛け捨て保険で、
定期保険はその掛け捨て保険の典型的保険です。

 

掛け捨て保険の定期保険ですが、保険期間中の途中で解約したとき、
わずかながらですが、解約返戻金が受取れる定期保険もあります。

 

定期保険では例外な解約返戻金ですが、期待できるほどにはもらえません。

低解約保険の定期保険

解約時に返戻金がゼロの定期保険が最近の主流になっています。
従来の定期保険では、たとえわずかではありますが、返戻金がありました。
最近の定期保険ではまったくお金が戻ってきません。

 

お金がもらえないと損した気分になりがちですが、
解約返戻金がないため、毎月納める保険料は安くなっています。

 

わずかばかりの返戻金にこだわりがないなら
保険料が割安である低解約保険の定期保険がおススメです。

 

 

 

 

 トップページに戻る